たびのすすめ

オーストラリアワーホリのあれこれを発信。山あり谷ありな経験は人生の宝物に。

【ファームジョブ】オーストラリア最大ファーム企業コスタにアプライしてみた

f:id:jmstorybox:20210720122013p:plain

 

今回は、オーストラリアワーホリでファームジョブをする際に必ず耳にする「大企業コスタ」について書いていきます(*‘ω‘ *)

 

コスタが稼げるって聞いたことあるけど、どうやって申し込むの?

 

こう思っている人のために、コスタの申し込み方法を説明していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。 

 

 

コスタとは

・オーストラリア全土に30箇所ある、ファーム大企業。

・ピッカーだけでなく、スーパーバイザーやトラック運転手など数種類の仕事を募集している。

・悪徳コントラクターとは違いオーストラリアの企業なのでペイスリップや給料について心配することもない。

・応募してもすぐに採用されるとは限らない。ウェイティングが5か月とかかかることもある。

・ファームまでの行き来は自分で手配しないといけない為、車が必要。

 

応募方法と流れ

コスタのホームページにアクセス

「work with us」ボタン ⇒ 希望の仕事を選ぶ「apply now」応募フォームを入力し、登録。

 

f:id:jmstorybox:20200831191352p:plain
f:id:jmstorybox:20200831191125p:plain

 

 

コロナリスク調査フォーム

コロナリスク調査についてのメールが届く。

*ここ2か月の滞在場所、2週間自己隔離の実施の有無、最近病院や保健所へ立ち寄ったかどうか、など。

 

ボーディングフォーム

メールでボーディングフォームが届くので、記入する。書類も添付しないといけないので事前に準備しておくと良い。

 *オンラインインダクション(小テストあり)

 *7種類のドキュメントの確認

 *13種類のドキュメントの確認とサイン

 *スーパーアニュエーション書類の添付

 *タックスファイルナンバーの詳細記入

 *雇用や給料体制など3種類の契約サイン

 

採用

メールで採用通知が届き、以下の内容が記されているので確認する。

 *部署と役割の詳細通知

 *初勤務日の選択(7日間ほど選択肢あり)

 *初日の持ち物と注意事項

  

採用までの期間はどのくらいかかるのか

私の場合は1ヶ月かかった

実際に私が申し込みをして採用までに約1か月かかりました。スケジュールは以下のようでした。

 

7月22日 コスタ申し込み

7月24日 コロナリスク調査届く

7月31日 ボーディングフォーム届く

8月24日 採用

8月31日 初勤務

 

申し込みから約1か月で採用できたのはちょうどハイシーズンだったからだと思われます。1ヶ月だと比較的早く採用されたと言えます。シーズン中でも人がいっぱいだと長く待たないといけない場合もあるので、早めに申し込むのが良いです。

 

待機期間はパートタイムジョブを

私はこの待機の1か月間は、インディアンファームでパートタイムのブルーベリーピッキングをしていました。

このようにコスタに先に申し込みをして待っている間はパートタイムジョブをするのが一般的な方法みたいです。いつコスタで働けるか分からないので、その間もお金に困らないように考えておくのが大切です。

 

 

コスタ申し込みの注意点

コスタの申し込みは、とにかく早め早めにやることが大切です。

コスタで働きたい人はたくさんいます。そのため早めに申し込まないと長い期間待たないと行けなくなります。ボーディングフォームの入力はとてもめんどくさいのですが、早めにやりましょう。

また、初勤務日の選択も早く決めましょう。他の人が先に選択して、選択肢がどんどん減り初勤務日がどんどん遅くなってしまいます。

 

まとめ

コスタの申し込み方法は分かりましたでしょうか?

オフィスに行く必要も電話の必要もなく、ネットで全てできるので英語に自信が無い方でも安心して申し込めます。

早く仕事がしたいのなら、早めに申し込みましょう!

少しでも参考になれば嬉しいです。読んでいただきありがとうございました。

 

 

 \コスタ初出勤の様子はこちら/

jmstorybox.info