日韓カップルのおはなし箱 ~jmstorybox

オーストラリアにワーホリ中。2度の詐欺、盗難、給料未払い、色々乗り越えて今がある。

【失敗談】オーストラリアで車を購入した話その①~買うまでのドタバタ~

★AUS STORY NO.21 ★

 

f:id:jmstorybox:20200925181952p:plain

JM「くっそー」

 

こんにちは!

今回は、

「オーストラリアで車を買った」時のことについてです。

 

実は、私たちオーストラリアで

車すでに2台も買ってます。

これ、1台が私用でもう1台が彼氏用なら、

なかなかいいじゃんってなるけど(;´∀`)

 

そうではなく、

1台目が壊れたから・・・

ガーーーん・・・

 

自国でさえも車を買ったことが無い私たち、

さあ、うまく買えるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

1.車を探す

FacebookやGumtree(オーストラリアのサイト)で探す。

オーストラリアでは中古車売買がよくされている。

ディーラーショップで買う人もいるけど、

お金が少々高くなるので、自分たちで探すことに。

 

毎日新しい情報がアップデートされるので細かくチェック。

私たちは以下の条件で探した。

価格(5000ドル以下)、年式(2010年以降)、走行距離(20万キロ以下)、

ガソリンタイプ(ガソリン)、レジョ期間(なるべく多く)

 

 

*レジョとは車の登録のこと。

 安全に走れるかの証明であるピンクスリップがないと発行されない。

 (州によって違いあり。) 

  6か月か1年か選択して前払い。

  レジョが無い、もしくは登録期間が過ぎている車は運転できない。

  もし運転していて警察に見つかると運転停止させられる。

 

彼氏Jの希望によりセダンではなくSUVを探すことに。

SUVは大きいので比較的に値段が高くなる。

なので少しでも安くオーストラリアの車Holdenを中心に見ていた。

 

写真もしっかり見る!ナンバープレートが分かるなら、

州のService(市役所)ホームページ

レジョがいつまでか確認することができる。

もしその車の過去の履歴を見たいならお金約20$を払う必要あり。

事故車であるかどうかなど知ることが出来る。

お金を払うのが嫌だったのでそこまでは確認しなかった。

 

 

 

2.売り手に連絡

条件に合うものがあったら、即連絡。

まだ買えるかどうか、ほかに聞きたいことをメッセージを送ってみる。

私たちは合計6人くらい送った。

 

私たちは、車を探しているときはMilduraにいて、

Coffs Harbourに戻る途中のSydneyで車を買うという稀な状況。

そのためインスぺ(試乗)も購入もすべてSydneyにいる2日間で

終わらせないといけなかった。(超過密スケジュール)

インスぺをこの日にしたいとお願いしても、その日がまだ先だったら

他の人が先にインスぺをして、その人が気に入ったら購入される

だからあまり前から予約しても意味がなかった。

私たちはもう買う日が決まっていたから。

 

 この時、何台も良い車を逃した・・・

今いる場所とインスぺの場所が遠かったから。

これも反省点のひとつ。

 

 

 

3.インスぺの予約

私たちの条件にほぼ合う車があったが、レジョがすでに切れてた

整備工場で異常がないことを証明するピンクスリップは持っているとのこと。

そこでレジョを更新してくれたらもっとお金を払っても良いと提案してみた。

すると元の値段が3750ドルだったけど、

6か月のレジョ付きで4500ドルでどうかと返事が来た。

まあいいでしょと思い、了承。インスぺの予約をした。

 

 

 

4.公証の申請

運転者は韓国人彼氏J。

私はペーパーだし、そもそも免許証を日本に置いてきてるし。

オーストラリアで運転する、車を買うなら

国際免許証の他に公証が必要とのこと。

(公証は本当はもっと前から申請して手に入れておくべきだった。)

 

車を買う1週間前から慌てて公証について調べだす。

シティの韓国領事館に行けば10ドルくらいで、すぐに作ってくれるとのこと。

Sydneyに着いたその日か次の日にもらおうと思ったら、ちょうど土日で休館日。

月曜にはSydneyを出ないといけなかったから、

とりあえず月曜の朝に領事館に行って車を買って

そのあと出発だーとか言ってたけど、現実的に無理・・・・。

 

Sydneyに出発する朝に、代理で作ってくれる会社があるのを発見し

急いで連絡。

作るのはすぐだけど、配達で届けるみたいで、

その日に届けてほしかったから速達を依頼しないといけないとのこと。

公証代理代(速達)60ドル。高いけどしょうがない。

そしたら結局土日は郵便がやってないから月曜に届くと言われ、唖然。

返金してもらおうと思ったら、担当の人が土曜日に直接渡してくれることに!

よかった~。

 

 

5.インスぺクション(試乗)

土曜の早朝にSydneyに到着。ホテルにチェックインして束の間の睡眠。

公証担当の人から連絡が来たので、ウーバーに乗って待ち合わせの駅へ。

そこでようやく交渉をゲット!やれやれ。

 

そのあとインスぺの場所にバスで移動。

車の売り手の人から返事が来ないのを心配しながら、インスぺの場所に到着。

そしたらまさかのインスぺキャンセル!!

 

私たちのインスぺを忘れていたみたいで(怒)

今車がwoolongongにあるということ。

ここから電車で2時間くらい。

明日woolongongに来てくれたらインスぺできると言われ・・・。

私は気分が悪く、もうほかの車を探そうと彼氏に言ったけど、

彼氏はこれ以上の車はなかなか見つからないと思うから

明日インスぺに行こうと答えた。

それで結局日曜日の朝7時に家を出て、電車でwoolongongまで。

 

9時30分に駅に到着したが、

駅からインスぺの場所までのバスもウーバーも無く。

もう、なんて日だ!

仕方なくタクシーに乗ってインスぺ場所へ。

 

売り手の友達が来て車を見せてくれた。(売り手本人は不在)

今考えたら、インスぺキャンセルや本人不在や怪しいとこ満載や。

 

いくつか細かい点を除けば、全体的にオッケー。

実際に少しだけ運転したけど異常と思われるものは無し。

その場で契約書にサイン。

まさかの、売り手の友達が4100ドルにディスカウントしてくれた。

 

でも、、、、

その車はまだレジョがついてないとのこと。

レジョを付けて明日の朝までに車を持ってきてくれると。

でも今日が日曜日・・・。NSW serviceもやってないのでは・・・?

不安が残るが、連絡を待つことに。 

 

その後連絡が来て、レジョも付けたとのこと。

夜の8時頃に車を持ってきてくれることになった。

ほんとにレジョがついてるかホームページで確認したら

ちゃんと半年のレジョがついていた!

(今思えば、これも怪しい。どうやってやったんだろう)

 

 

 

6.車の受け渡し・支払い

夜8時までのんびりとしていたらふと、

あれ支払いはキャッシュか?と思って確認したら、

通常キャッシュとのこと。

やばい。キャッシュがない。

 

急いでATMに行き、キャッシュを引き出しに行ったが、

1日の引き出し金額上限が1000ドルになっていた。

焦る。彼氏と喧嘩する(笑)

 

キャッシュは無理だからトランスファーでいいかと聞いたら

売り手はオッケーと言ってくれた。

がしかし、またまた1日に誰かにトランスファーする上限金額も

1000ドルになっていた・・・・パニック。

もう時間がない。

 

急いでANZ銀行のネットバンクの上限金額変更をしようとしたら

シークレット質問があり、まさかの全問不正解。

過去の自分、何を答えたんや!!忘れんな!!

案の定、ロックがかかってしまった。やばすぎ。

 

すぐに銀行に電話して、

なんとかトランスファー上限金額を5000ドルに引き上げてもらった。

(焦りのアドレナリンのせいなのか、いつもより電話の英語が聞き取れた笑)

やれやれ。

 

電話を終えてすぐに売り手から到着したとの連絡が。

やっと会って(売り手の場所の位置が分からず10分ほど迷う。)、

その場で車とカギとピンクスリップをもらい、代金を支払って終了。

 

 

 

はい。

皆さん、お分かりだと思いますが、

超ドタバタ劇でした。(;'∀')

何回彼氏と言い合いしたことか。(笑)

 

結局なんやかんやありながら、

無事に車を購入できて、

翌日早朝にシドニーを出発し、

無事に(後から考えると、本当の意味で)

目的地に到着できたのであった。。。。

 

めでたし、めでたし。

 

・・・・すいません、嘘つきました。

全然めでたしじゃない!!

 

購入後のさらなるドタバタは、こちらからどうぞ!

 

 

jmstorybox.info

 

 

jmstorybox.info

 

 

✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿

✨今日のハングル講座

이 방 춥지 않아?(イ バン チュブチ アナ?)

この部屋寒くない?