日韓カップルのおはなし箱 ~jmstorybox

オーストラリアにワーホリ中。2度の詐欺、盗難、給料未払い、色々乗り越えて今がある。

【注意】オーストラリアで車を購入する時の流れと気を付けるべきこと

★AUS STORY NO. 23 ★

 

f:id:jmstorybox:20200927122723p:plain

JM「気を付けて」

 

 

今回は、

実際に私たちが車を買った経験から、

 

オーストラリアで車を購入する際に

気を付けるべきこと、注意点、

アドバイスをお伝えしようと思います(*‘ω‘ *)

 

 

 

 

【1.オーストラリアで車を買うときの流れ】

 

①車を見つける

Facebook をオーストラリアで登録するとMarket Placeというサービスが出る。

ここか、オーストラリアのサイトGumtreeなどのサイトを利用して、車を探す。

もしくは、友達や知り合いから情報を集めたり、道路に止めてあるSALEの車に

連絡したり、地域のライングループにポスティングしたりなど、様々な方法がある。

 

〈POINT〉

 ・車種はオーストラリアの会社Holdenか日本のToyotaがおすすめ。

  理由は不具合が起きても、すぐに比較的安くに修理ができるから。

  圧倒的にToyotaの車が多い。

  他にもHondaやNissanなどの日本の車種はよく見かける。

 

 ・走行距離はあまりあてにならない

  オーストラリアは土地が広く、車で長距離を移動する人も少なくない。

  そのため、だいたいどの車でも20万キロを超えている。

  30万キロや40万キロ走っても、まだ普通に動いている車も。

  この点は日本や韓国とは違う点だと思う。

 

 ・ナンバープレートが分かるのなら、履歴をチェックしよう。

  州のServiceホームページのrego checkというところから

  無料で簡単に検索でき、いつまでregoが登録されているのか分かる。

  過去の履歴を見たい場合は有料だが、20ドルほどなので、

  車を購入すると決める前に最終チェックで見るのも良いと思う。

 

f:id:jmstorybox:20200927165643j:plain
f:id:jmstorybox:20200927165040p:plain
f:id:jmstorybox:20200927165100p:plain

 

 

 ・regoがなるべく長い車がオススメ。

  rego(レジョ)とはregistration(登録)のことである。半年か1年間の

  どちらかを選んで先払いする。regoを登録もしくは更新するためには、

  pinkslipと呼ばれる車両検査証が必要。(州によって違う)

  

regoの更新

  車を整備工場へ持って行き、車検してもらう。

  ➡走行に問題が無ければpinkslipがもらえる。

   (問題があれば、修理しないともらえない。)

  ➡強制保険と更新手数料と税金を払って完了。

   (窓口でもネットからでもできるみたい)

 

 

②インスペクション(試乗)する

買いたい車が見つかったら、売り手に連絡し、インスぺをする。

 

〈POINT〉

車に詳しい人に付き添ってもらおう。

 車についてあまり分からない状態で行っても、何を見ていいか

 分からず、売り手にも甘く見られやすい

 付き添ってもらうことが難しいなら、

 どこを見たらいいか事前に聞いたり、メモしたりする。

 

遠慮しない

 ブレーキがちゃんと効くのか、ハンドルは曲がってないか、ライトや窓や鍵や

 内装やタイヤ、エンジン、エアコン、オーディオ・・・細かいところまで

 遠慮せず見ることが大事!

 売り手に見られているとどうしても気を遣ってしまいがちだけど、

 こっちがお客さんなんだと堂々とインスぺする!

 (そういう心構えで)

 

 

③購入する

購入すると決めたら、契約書にサイン。

f:id:jmstorybox:20200927175321j:plain

 

売り手側(上)と買い手側(下)の契約書があり、それぞれ必要箇所に記入。

 ・名前

 ・購入日

 ・価格

 ・住所

 ・免許書番号

 ・サイン

この時に、両方の価格が同じことを確認。

代金を支払い、鍵を受け取り、取引完了。

 

〈POINT〉

・この価格でregoの名義変更代が決まる。

 (購入価格100ドルに対し、3ドルの変更費用)

 売り手側が実際の売却価格より低くしてくれることがある。

 ここは素直に受け取って大丈夫です!

 

・代金は基本現金で支払う。

 現金の準備を忘れずに。

 トランスファーだとタイムラグが生じて、売り手側が納得しない場合がある。

 

・売り手に会えるのはこれが最後。聞きたいことは聞いておく。

 エンジンオイルの種類やクーラントなど、

 どれを使用していたかを確認。

 他にも何か不明点があれば、ここではっきりさせておく。

 

 

 

④購入後やるべきこと

購入後14日以内にregoの名義変更をする。

(14日を過ぎると変更費用が147ドル追加でかかる。)

 

regoの名義変更

 州のService窓口に行く。

 ➡rego変更書類に記入。

 ➡変更費用32ドルと税を支払う。

 ➡確認書(Certificate of Ragistration)をもらう。

 

〈POINT〉

 ・regoの変更は、売り手が先に申請しておく必要がある。

  売り手は早くに名義変更をしたいだろうから、

  すぐに終わらせていると思うが、

  購入時に「いつService窓口に行くか」聞いておく。

 

 ・身分証明書として、パスポートクレジットカードの2つが必要。

 

 ・確認書(Certificate of Ragistration)は大切に保管しておく。

  今度自分がこの車を売る時に、この紙が必要。

 

また、購入後必ずチェックするべきなのは、エンジンオイル

少なければ、入れることを忘れずに!!

 

 

 

【2.注意点】

・車選びは慎重に、かつスピーディーに。

 (いや、これが難しい(笑)、ほんとに)

 

 色んなサイトで毎日情報がアップデートされ、狙いの車があったのに

 次の日にはもう売られていたということも。

 逆に勢いだけで決めてしまうと、それが事故車であったり

 不具合があることを見抜けないまま購入し、後で損を見ることに。

 自信のない人は、車に詳しい人と一緒に探すべし。

 

 

・お金に余裕を持って購入しよう。

 (これ、当たり前。。。笑)

 

 車を買うとなると、車代だけでなく、

 rego変更費用エンジンオイルガソリン代など、結構お金がかかる。

 数日間でいっきに大金が無くなる。

 

 また、もし余裕が無いと購入後もし不具合が起きて、

 修理代が無い・・・ということになりかねない。

 お金の準備もしっかりしようー!!

 

 

以上が、

実際に車を買って、10日後にその車が壊れるという

経験をした私たちが思う、

「注意点」と「アドバイス」でしたー(*´ω`*)

 

少しでも役立つことがあれば

嬉しいなと思います!!

 

 

✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿

✨今日のハングル講座

엄청 피곤하다(オンチョン ピゴナダ)

めっちゃ疲れた