たびのすすめ

オーストラリアワーホリのあれこれを発信。山あり谷ありな経験は人生の宝物に。

【ワーホリ】語学学校に行くメリットとデメリット。英語力が伸びるかどうかは自分次第。

 

f:id:jmstorybox:20210715203815p:plain

 

今回は、ワーホリで語学学校に行くことの良い点と悪い点を紹介していきます。

 

お金もかかるし、語学学校に行くかどうか迷っている

語学学校に行くと本当に英語が話せるようになるのかなあ

 

こんな悩みにお答えします。

実際に4か月間語学学校に通っていた私が考える、語学学校のメリットとデメリットをまとめています。少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

 

\語学学校の費用や授業内容についてはこちら/

jmstorybox.info

 

 

f:id:jmstorybox:20201012052912j:plain

語学学校バイロンベイ旅行

 

語学学校のメリット

友達ができる

語学学校に行くことの一番大きなメリットだと感じるのが、友達ができることです。

カップルや友達と来る人もいますが、ほとんどの人が1人でオーストラリアに来ると思います。知り合いが誰もいなくても、語学学校に行けば自然と友達が出来ます。それも多国籍の友達です。

お互い英語を勉強中であり、うまく英語が喋れない同士、一生懸命練習しながら話すので気持ちが分かり合え、すぐに仲良くなれます(*´ω`*)

また、自分より上のクラスの子や英語がうまい子と友達になれれば、自分の英語力も上げることが出来ます。

 

外国の友達はもちろん日本人の友達もできるから、情報交換や悩み相談なども出来て安心したよ

 

ただ、人それぞれ学校に通う期間が違う為、出会いと別れの連続でした。だからこそ出会いの大切さも感じることが出来ました。

 

英語が身に着く

2つ目のメリットは、もちろん英語力のアップです。語学学校に通えば、少なくともリスニング力はアップすると感じました。

毎日6~7時間ずっと英語を聞いていますし、授業なのでその英語を理解しようと集中するからです。

実際にリスニング力が上がったなあと思ったのが、色んな国のアクセントも理解できるようになったからです。最初の頃は南米やヨーロッパの人の英語は聞き取りづらかったのですが、だんだん慣れてきて「この単語を言ってるんだな」と理解できるようになりました。

まさに「習うより慣れよ」。自分でもだんだん耳が英語に慣れてくるのを感じてたよ

 

 

英語のモチベーションが上がる

3つ目のメリットは、英語学習のモチベーションが上がることです。

語学学校ではテストはもちろん討論や意見交換などアウトプットする場所が非常に多いです。その時に自分の弱い部分や自信が無い部分が目に見えて分かってきます

私は読み書きはある程度できる方でしたが、話すことが全く出来ませんでした。クラスの子全員が自信を持ってペラペラしゃべっているのに対し、私は話すどころか聞き取ることもできず、最初の頃は落ち込んでばかりでした。

「自分も皆のようにしゃべれるようになりたい」と本気で思うようになり、そこから努力していきました。周りと比べるのが良いとは言いませんが、周りのおかげで自分を奮い立たせ、英語力を伸ばすことが出来たと感じています。

 

 

f:id:jmstorybox:20201012053117j:plain

 

 

語学学校のデメリット

お金がかかる

デメリットのひとつは、お金の問題です。 

私は語学学校の費用もろもろで70万円ほどかかりました。私の場合17週間最大で通ったので、お金もその分多くかかってしまいました。

今思えば、2か月くらいでも良かったかなと思います。

 

時間が拘束される

2つ目のデメリットと言えることは、時間です。

朝から夕方まで学校にいなければならず、自由な時間があまり多く取れません。量は少ないですが宿題もあるので家に帰ってからも時間が拘束されます。

午前中だけのコースなどもあるみたいなので、バイトをしたい方や、時間に余裕が欲しい方は、そちらの方がいいかもしれませんね。

 

 

授業が退屈なときがある

3つ目のデメリットは、授業が退屈になる時があることです。これは、語学学校の文法の授業の時だけに言えます。内容が既に高校や大学で学んだことばかりで知っているからです。

語学学校の一般コースを希望している方は、今まで習ったことをまた英語で学び直すという認識を持っていた方がいいかと思います。

もし新しいことを勉強したい人や難しいレベルに挑戦したい人は、一般コースではなくケンブリッジコースや他のコースを選択してもいいかもしれません。

 

文法の授業以外のスピーキングやリスニングの授業は日本の学校でやらない内容なのでとても為になったと感じたよ

 

f:id:jmstorybox:20201012051828j:plain

 

 

英語力の変化

語学学校に通って英語力が上がったかどうかについて、2つの視点から書いていきたいと思います。

形式的には

まずは、形式的・客観的な変化について書いていきます。

私はIntermediate(中級)クラスから始まり、卒業時にはUpper-Intermediate(中上級)だったので、1段階レベルが上がったことになります。

また、語学学校を卒業する時にもらった評価表にはリスニング、スピーキング、文法などすべての項目で5段階評価の最高評価である5をもらいました。

 

これらはまじめに毎日授業を受けて、週1の筆記テストでいい点を取ることさえ出来れば、誰でもこのような結果になることが出来ます。スピーキングのテストやリスニングのテストは行われないので、実際にどのレベルなのかを判断するのは難しいです。

 

 

自分ではどう感じるかどうか

自分的にも、この4か月間で確実に英語力が上がったと思います。

具体的には、スピーキングとリスニング、つまり会話力が身に着いたと感じました。

最初の頃と比べて

最初の頃は、同じレベルクラスなのに、自分ひとり英語が話せないように感じ、焦りと不安ですごく落ち込んでいました。自分の方が、英語を書けるし読めるし、文法も分かるのに・・・

だんだん負けず嫌いが発動し、家でもずっと英語の映画やドラマを見たり、著名人のスピーチ動画を毎日見たりしました。また学校終わりに、図書館の会話クラスや、教会の英語クラス、ミートアップなどで、実際に話す、聞く機会を増やし続けました。

そうすると、自信を少し持てるようになり、学校の意見交換の場でも意見が言えるようになりました。

 

どのレベルまで上がったか

確かに会話力が上がったと感じましたが、発音やアクセントは正確ではないし、英語の文章を頭で考えて話すこともまだまだ多かったです。ですので完璧にペラペラになれたというわけでは無いです。

また、専門用語など難しい単語は分からないので話せる内容は日常会話レベルのものだけでした。

ただ、日常会話ではありますが、会話が途切れることなく続けられるようになりました!全く喋れなかったオーストラリアに来る前よりもはるかにレベルアップできていると感じられて嬉しかったですね。

 

 

語学学校は行った方がいいの?

語学学校に行くことをオススメします

私の個人的な意見としては、語学学校に行くことをオススメします

その理由は、人脈が一気に広がることと嫌でも英語に触れる機会が多くなることなどが挙げられます。

何より一緒に英語を勉強する人がいることでモチベーションアップにつながるからです。他国の友達ともっと色々話したい、ネイティブの先生と会話したい、英語の歌を歌えるようになりたいなど英語への欲が自然と出てきてやる気が保てます。

 

語学学校の期間や条件はどれが良い?

長すぎても良くない

ワーホリでは語学学校に最大17週間通うことが出来ます。当時は最大限英語を勉強したいと考えていたので17週間を選択しました。

しかし今思えば17週間は長すぎたと感じます。私のように最大期間学校に行く人はほぼいませんでした。通い始めて3か月目くらいからは学校が退屈に感じ始めたり、語学学校以外の場所で英語を使う場所が増えてきたりして、語学学校の必要性を感じにくくなりました。

結果的には、2か月くらいがちょうど良かったと感じます。これも個人の意見なので、予算や気持ちに合った期間にするのが良いと思います。

 

語学学校の決め手

語学学校を選ぶ際には「English Only」のポリシーがあるかどうかを基準にすると良いです。私が通った学校は、学校にいる間は母国語が禁止で誰と話すにも英語で話さないといけませんでした。

些細なことでも、日本人同士話すときでも常に英語を使います。今の時代多くの方が留学をしており、海外にいても完全な英語環境に身を置くのは比較的難しい状況になったと思います。ですが、語学学校にいる間は強制的に英語環境にできるので、より英語力を高めることが出来ます。

 

英語を話せるようになる近道は英語環境にいること!とにかく英語を体にしみ込ませることが大事だよ

 

語学学校に行くだけでは不十分

上記の理由で語学学校に行くことをオススメしますとは言いました。しかし英語力を本気で伸ばしたいのなら語学学校に行くだけでは不十分だと感じます。

私の英語力が上がったのは、語学学校に行ったからではなく、語学学校で刺激をもらい自分で毎日実践練習を続けたからなのです。もちろん語学学校に行くだけでも耳は英語に慣れてきます。しかし語学学校と行っても受け身の授業になってしまうと意味がありません。自らアウトプットする場所を探し行動することで英語力は伸びてきます。

 

ですので、語学学校にただ通うだけでは本当の意味での英語力の向上は厳しいと言えます。語学学校は「人との出会いや英語やる気アップのきっかけの場」と捉えておくといいかもしれません。

 

まとめ

 以上のことから語学学校についてもう一度簡単にまとめます。

 

・語学学校に行けばすぐに友達が増える。

・英語へのやる気スイッチになる。

・語学学校で授業を受けてるだけでは、会話力をあげるのは難しい。

・お金と時間の消費についてよく考え、自分に合った選択をする。

 

勉強も仕事も旅行もできるワーホリビザだからこそ色々迷いますよね。貴重なワーホリの使い方をよく考え、語学学校に行くかどうかも決めてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。