タビのススメ

オーストラリアワーホリのあれこれを発信。山あり谷ありな経験は人生の宝物に。

【タスマニア】【世界遺産】クレイドルマウンテンでのシャトルバスの乗り方と注意事項。

f:id:jmstorybox:20210608121340p:plain

 

タスマニアで有名な観光地の中の1つ、クレイドルマウンテン。

今回はそのクレイドルマウンテンについてお伝えしていきます。

 

世界遺産でもあるクレイドルマウンテンに行ってみたいけど、どんな準備が必要なんだろう。

 

海外旅行というだけでも不安なのに、ましてや登山なんて・・・と思っている方にもわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。タスマニアの大自然に魅力を感じること間違いなしです!

 

 

 

行き方・アクセス方法

車でビジターセンターまで行こう

クレイドルマウンテンを登山をする前に、まずビジターセンターへ。向かいます。ここには、とても大きな駐車場があり、たくさんの車があります。

ビジターセンターは、フェリー乗り場があるデボンポートから車で1時間15分の所にあります。

www.google.com

ここで車を駐車し、ビジターセンターで国立公園パスを購入します。このパスを持っていないと入れません。

 

国立公園パスについてはこの記事に書いてます。

jmstorybox.info

 

ビジターセンターには、トイレ、ガソリンステーション、ギフトショップ、カフェがあり、設備がとても充実しています。

f:id:jmstorybox:20210310193608j:plain

ビジターセンター

 

登山口までは無料シャトルバスを利用

ビジターセンターで国立公園パスを見せると、登山口までの無料のシャトルバスチケットをもらえます。

このチケットが無いとバスに乗れませんのでご注意ください

 

僕たちはチケットのことを知らなかったから、バスに乗る直前でビジターセンターに戻らないいけなかったよ

 

f:id:jmstorybox:20210310193601j:plain

無料シャトルバスのチケット

シャトルバスは10分~15分間隔で来ますので、最終バスの時間だけ把握しておけば、バスの時間を気にせず登山できます。(私たちの時は最終バスが17時30分でした。)

バスの運転手の方が「ここで降りたい方いますか」と聞かれるので、降りたい場合は返事をします。でないと通過されます。

 

 

登山コース

登山コースは10種類以上

クレイドルマウンテンにはたくさんの登山コースがあります。3時間以内で歩けるショートウォークコースが11種類と本格的な登山コースが4種類ほどあります。ショートウォークの中にも難易度が4段階示されており、自分の体力や好みに応じて決めることが出来ます。

それぞれのコースによって、シャトルバスの降り場が異なるので、地図を見て事前に確認しておきます。

f:id:jmstorybox:20210310193542j:plain

 

一番人気はダブ湖周遊コース

クレイドルマウンテンの登山コースの中で最も人気があるのが、Dove Lake Circuit(ダブ湖1周コース)です。ダブ湖の周りを熱帯雨林も通りながら歩く、長さ6Kmのコースです。

 

私たちもこのコースを歩いてみましたが、景色がずっときれいで歩くのが気持ちよかったです。道も舗装されており、歩きやすく、アップダウンも激しくありませんでした。

ダブ湖を取り囲む壮大な山々の姿に感動すること間違いなしです。

f:id:jmstorybox:20210310193508j:plain
f:id:jmstorybox:20210310193533j:plain


コロナの影響か、サーキットを回る方向が指定されていました。(時計回り)

たくさんの方が歩いており、人気なコースだと感じました。

 

登山初心者でも大丈夫?

コースによって難易度が変わるため、自分に合ったコースを探すことをお勧めします。

私たちはダブ湖一周コースと、途中にあるウォンバットプールまでの道の往復を歩きました。ダブ湖のコースは比較的簡単で、時間は2時間以上かかりますが、私の両親でも楽しめると思いました。

私たちが歩いたもう一つのコースは、階段や急な登りが多く、道も舗装されてない岩や木の根っこなどがある道でした。

このように様々な難易度のものがあるので、登山初心者の方でも大丈夫ですし、逆に言えば初心者の方では難しいものもあります。

f:id:jmstorybox:20210310201045j:plain
f:id:jmstorybox:20210310201040j:plain
道が舗装されていない本格的な登山道

 

設備が豊富

先に述べましたように、クレイドルマウンテンのビジターセンターには豊富な設備があります。

ガソリンスタンド

ビジターセンターの駐車場には24時間セルフサービスのガソリンスタンドがあります。

支払いはカードのみです。

 

宿泊施設

ビジターセンターの周りには、ホテルやロッジ、キャビンなどの宿泊施設があります。登山をした後、一泊してゆっくりして帰るのも良いですね。

 

カフェ

ビジターセンター内にはカフェがあり、飲み物や軽食を買うことが出来ます。登山前の補充や登山後のご褒美に利用できますね。

私たちは登山後、お腹がすいていたので、ラップサンドとバナナケーキを購入して食べました。美味しかったけど、やはり高かったです💦

f:id:jmstorybox:20210310193524j:plain

バナナケーキ7ドルくらいした

 

まとめと注意事項

登山までの流れ

登山までの流れをもう一度確認します。

1 ビジターセンターで国立公園パスを買う

2 国立公園パスを見せて、無料シャトルバスチケットをもらう

3 シャトルバスに乗って登山口まで移動

4 登山を楽しむ

基本的な流れはこんな感じです。人もたくさんいるので、分からないことがあればすぐに聞けます。地図やパンフレットはビジターセンターでもらえるし、無料シャトルバスもあるので、気軽に楽しめられると思います。

 

注意事項

登山の準備を確実に。ビジターセンターには至る所で、必要な服装や装備について提示されています。実は、私たちが初めてここを訪れた時、あまりにも無知で、サンダルや半そで半ズボンで来てしまったのです。当然入園することが出来ず、その日は諦めて引き返しました。いくらショートウォークとはいえ、準備はしっかりしましょう。

 

〈必要なもの〉

・バックパック・・・水と食べ物を忘れずに。

・長袖と長ズボン・・・暑さ寒さ対策を。

 ・シューズ・・・石や木の根の上を歩くのでそこが厚い靴がオススメ。

 

 

 

私たちは見ることが出来ませんでしたが、運が良ければウォンバットが見れます。ウォンバットは見れませんでしたが、タスマニアの大自然、自然の美しさを感じることが出来て、本当に良かったです。

皆さんもタスマニアに来た際は、ぜひ訪れてみてください。

 

 

Cradle Mountain

https://parks.tas.gov.au/explore-our-parks/cradle-mountain

 

f:id:jmstorybox:20210310193517j:plain