たびのすすめ

オーストラリアワーホリのあれこれを発信。山あり谷ありな経験は人生の宝物に。

【ファームジョブ】QLD州マンダベラでシトラスパッキング・ピッキングをしようと思っている方へ。

f:id:jmstorybox:20210818222546p:plain

 

 

今回は、私のオーストラリアでの最後のファームジョブである「シトラスパッキング・ピッキング」についての記事です。

仕事内容や給料の他に、この仕事をしたいと思っている方へのアドバイスも書いていきます。シトラスジョブに興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

f:id:jmstorybox:20210818205242j:plain

 

 

応募

4月初めにFacebookの求人情報のところで募集を見て、連絡をしました。

今まではガムツリー(オーストラリアのサイト)やFacebookのファームジョブグループの投稿から仕事を探していましたが、今回初めてFacebookの求人欄から募集を見て応募しました。

 

Facebookのメニューを開くと求人という項目があるので、そこをクリックします。すると指定した場所の求人募集を見ることが出来ます。

f:id:jmstorybox:20210818135820j:plain
f:id:jmstorybox:20210818135815j:plain
Facebookの求人欄


ファームジョブ以外にもクリーナーやタウンページ配りなど様々な仕事情報があります。ここにはコントラクターなどを挟まないオーストラリア人の会社の情報が見つけやすいと感じました。Facebookの求人欄、おすすめです。

 

 

仕事内容

パッキングシェッド

パッキングシェッドの仕事にはいくつかの種類があります。分担分けをされて毎日担当の仕事を行います。

勤務時間はだいたい7時~16時。早い時は昼前には終り、遅い時は18時までかかることもありました。休憩時間は朝のスモーコーが15分、ランチタイム30分、昼のスモーコーが15分設けられていました。

それでは各仕事内容を詳しく見ていきます。

 

ソーティング

パッキングシェッドの最初の工程であるソーティングでは、ベルトコンベヤーに流れてくるフルーツの中から悪いものを取り除くという作業をします。

ソーティングには2段階あります。プレソーティングと呼ばれる1番目のソーティングでは1度に見るフルーツの数が多く、悪いフルーツもたくさんあるので手を素早く動かさなければなりません。また、ベルトコンベヤーにはたまにはさみや軍手なども流れてくるのでそれらも取り除かないといけません。2番目のソーティングでは、プレソーティングや流れてくる過程でほとんどの悪いフルーツが取り除かれているため、正直そこまでやることはありません。梱包前の最終チェックの段階です。

 

ソーティングは毎日ずっとただ立ってフルーツが流れていくのを見るだけなので本当に退屈だったよ。簡単で楽だと思われがちだけど。

f:id:jmstorybox:20210818204332j:plain
f:id:jmstorybox:20210818204353j:plain
プレソーティングの様子

 

パッキング

パッキングは流れてきたフルーツを箱に詰める梱包作業です。レーンがクオリティによりいくつか分かれており、 それぞれ1人~2人が担当します。

作業としては、箱のふたを閉めてシールを貼ってベルトコンベヤーに流し、新しい箱を用意するだけです。簡単な作業ですが、フルーツの流れる速度が早かったり多かったりすると、急いでやらないといけないのでとても忙しいです。

また、フルーツや会社によって箱が異なるので、その都度準備もしないといけません。

 

スタッキング

 梱包された箱を出荷用に種類ごとに積み上げていく作業です。毎日延々と10Kg~15㎏の重さの箱を運ぶので体力的にきついです。

スタッキングは男性だけがやっていました。

 

ピッキング

 シトラスピッキングは、カンガルーバッグを使います。カンガルーバッグにできるだけ多くのフルーツを入れ、それをビンに移すという作業を繰り返します。アップルピッキングと同じやり方です。

 

\アップルピッキングの記事はこちら/ 

jmstorybox.info

 

フルーツによっては専用のはさみを使ってピッキングする場合があります。また、木が大きいため、高いところにあるフルーツははしごに登ってピッキングしなければなりません。

f:id:jmstorybox:20210818204345j:plain
f:id:jmstorybox:20210818204338j:plain
ピッキングの様子

 

ビンをいっぱいにしたら、次のビンに入れていきます。

ちなみにビンはめっっちゃ大きいです(笑)

f:id:jmstorybox:20210818205235j:plain

フルにしたレモンビン

 

給料について

ここからは皆さんが一番気になるであろう給料について書いていきます。

 

パッキングシェッド

パッキングシェッド内の仕事は全て時給制です。形態はカジュアルで、時給24.80ドルでした。当たり前ですが、ハイシーズンだと勤務時間が長く給料は高い、ローシーズンだと勤務時間が短かく給料は低くなりました。

4月~6月初め(ハイシーズン):1000ドル/週

7月~8月:600ドル~800ドル/週

 

ピッキング

シトラスピッキングは歩合制です。フルーツによって稼げ方がことなるのでそれぞれ書いていきます。

 

マンダリン(みかん)

マンダリンはシトラスピッキングの中で最も稼ぎにくいと言われています。レモンのように棘があるわけでもなく、ライムのように大きさが小さいわけでもないので、レートが比較的低くなっています。

レート:45ドル/ビン

僕は実際にピッキングをしたことはないけれど、平均的には10時間で3~4ビン作れるとのことだよ。時給にしたら少し低いね

 

レモン

レモンはシトラスピッキングの中で最も稼げると言われています。レートが高いので稼ぎやすいですが、木には棘がたくさんあり腕や手が傷だらけになります。仕事終わりのシャワーが沁みヒリヒリ・・・

レート:120ドル/ビン

私はピッキングが早い方ではなかったですが、3時間で1ビンは作れていたので時給で言うとパッキングシェッドよりも稼げたと言えます。早い人は1日に3ビン以上作っていたので相当稼げていたと思います。

 

ライム

ライムは1つ1つがとても小さいのでビンをいっぱいにするのに長時間かかります。なのでレートは高いですが、精神的にとても辛いものがあります。

レート:200ドル/ビン

私は1ビン作るのに7~8時間かかりました。途中で何度も心が折れそうになりました。

 

f:id:jmstorybox:20210818212417j:plain

 

この仕事をして感じたこと

私にとって初めての時給のパッキングシェッドの仕事でしたが、安定して稼げることは良いと思いました。特にハイシーズン中の2か月間毎週1000ドル以上稼げたので貯金することが出来ました。

また、私が働いた会社は、ほとんどがオーストラリア人とニュージーランド人のワーカー達でバックパッカーの数が少なかったのも特徴的でした。英語環境を望むなら最適な職場だと感じました。

 

アドバイス

仕事内容や仕事環境はとても良かったのですが、1つだけこの仕事を始める前に知っておきたかったことがありました。

それは、シーズンとシーズンの間に長期間の休みがあるということです。

私がこの仕事を始めたのが4月初めで、そこから6月初めまでの2か月間は毎日9時間以上働いていました。その後1週間のホリデーがあると言われましたが、給料も良いのでこのままシーズン終わりの9月末までこの仕事を続けようと考えていました。仕事再開を待っていると、急遽もう1週間休みだと言われ、結果的には約1ヶ月間の間仕事が無い状態でした。

1ヶ月も仕事が無いと最初に知っていたら、6月初めにこの仕事を辞めて違う地域に移動していたのになあと少し後悔しました。

ファームジョブなのでハイシーズン・ロウシーズンがあるのはしょうがないですが、約1か月間も給料が無かったのは痛かったです。。。

シトラスジョブをするなら、長期休みがあるかもしれないと頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

まとめ

 シトラスジョブについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

ピッキングはカンガルーバックを使うので体力的にはきついですが、体力と根気があれば稼ぎやすいと思います。

気を付けるべきは、シーズン中の休み期間があるということです。しっかり事前に確認するようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。