たびのすすめ

オーストラリアワーホリのあれこれを発信。山あり谷ありな経験は人生の宝物に。

【オーストラリア】ゴーカードは帰国前にリファンドするべき理由と方法。

f:id:jmstorybox:20211121131354p:plain

 

オーストラリアには、日本のSuicaのような交通カードが州ごとにあります。
QLD州ではゴーカードと呼ばれるカードを使います。

では、日本に完全帰国する際、このカードはどうしますか?
記念に持って帰るのもいいですが、私はリファンドするのをお勧めします

その理由と方法を詳しく書いていきます。
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ゴーカードをリファンドする理由

ゴーカードをリファンドするべき理由は、ずばりお金が戻ってくるからです。

長い間オーストラリアにいる方は忘れているかもしれませんが、ゴーカードを作る際にボンドとして20ドル払っています。

帰国するなどの理由でゴーカードが必要なくなった場合は、カードを返却することでボンドが返ってきます。その際、ボンドだけでなくカード内に残っていた残額も一緒に返金されます。

 

20ドルもボンドで支払っていたなんてすっかり忘れていた!!これはリファンドしない理由がない!

 

ゴーカードをリファンドする方法

リファンド方法は条件によって2つあります。

カード残高50ドル未満の場合

1つ目のリファンド方法は、店頭に行きカードを返却する方法です。
以下の条件の1つでも当てはまった場合は、この方法を使わないといけません。

✅条件

・カード残高が50ドル未満(ボンドは除く)
・最後のリチャージを窓口かゴーカードマシーンで行った
・カードの期限が切れていない

最後のリチャージがオンラインで行っていたらこの方法は使えませんのでご注意を。

 

それではリファンドのやり方をお伝えします。

✅方法

・リファンドできるオフィスや店に行く
・ゴーカードを出し、リファンドしたい旨を伝える
・現金もしくはカードで返金される

リファンドできる場所は以下のQLD Translinkのホームページから探すことができます。

go card retailer locations | translink.com.au

f:id:jmstorybox:20211121121109j:plain

リファンドできる場所を見つける

 

カード残高50ドル以上

2つ目のリファンド方法は、フォームに記入し郵送する方法です。
以下の条件の1つでも当てはまった場合は、この方法を使わないと行けません。

✅条件

・カード残高が50ドル以上(ボンドは除く)
・最後のリチャージをオンラインで行った
・カードの期限が255日以上前に切れている
・カードが盗まれた、落とした
・カードを5年以上使っていない

 

それではリファンドのやり方をお伝えします。

✅方法

・リファンドフォームを記入する
・フォームを郵送
・銀行口座に振り込まれる

もしゴーカードを登録していない場合は、フォームと一緒にゴーカードも郵送しないといけません。

リファンドフォームはこちら

https://translink.com.au/sites/default/files/assets/resources/tickets-and-fares/go-card/balance-transfer-and-refund-form.pdf

 

注意:リファンドしたら使えない!

ゴーカードは帰国前にリファンドするべきだと分かったと思います。
しかしリファンドするとカードを返却するわけですから、当然ゴーカードが使えなくなります。

ゴーカードをこれ以上使わないという目的地までゴーカードを使って行き、そこでリファンドしようと思いますよね?

その目的地にリファンドできる窓口が無かったらどうしよう・・・

そんな疑問にお答えします!!

 

✅私たちの実際の例

ゴールドコーストからバスでQLD州とNSW州ボーダーまで行くので、そこでゴーカードをリファンドしよう。

しかし、ボーダーの周辺には窓口がないことに気づく。

ゴールドコーストでリファンドするしかなさそう。。。。

Tweed Headsまでバスで行かなきゃいけないのにどうしよう。。。

 

そこで窓口の方に相談をすると、「go explore」というカードを紹介してくれました。

✅go exploreカードとは

・1日乗り放題の交通カード
・ボンドなし
・金額10ドル

f:id:jmstorybox:20211121125719j:plain

go exploreカード

このカードは旅行者用のカードらしく、1日乗り放題できるカードです。ボンドを払う必要もなく、使い終わったら記念に持ち帰ることもできます。
ただ、1日という期限が24時間ではなく、使った日の翌日朝3時までなので注意が必要です。

私たちはゴールドコーストでリファンドし、翌日このgo exploreカードを使用してボーダーへ向かいました。とても良い選択だったと思います。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら

go explore fast facts | translink.com.au

 

まとめ

ここまでゴーカードのリファンド方法についてまとめていきました。

ボンド20ドルと残高が返金されるのでリファンドすべし

・リファンド方法は、窓口に行くフォームを郵送するかの2つ。

・リファンドしたらゴーカードは使えないので注意

 

窓口に行き返却するだけでリファンドできるのでとても簡単ですよね。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。