日韓カップルのおはなし箱 ~jmstorybox

オーストラリアにワーホリ中。2度の詐欺、盗難、給料未払い、色々乗り越えて今がある。

【ワーホリ】語学学校は行くべき?お金の無駄?英語力はどう変わる?語学学校についてのまとめ 前編

★AUS STORY NO.28★

 

f:id:jmstorybox:20201011185354p:plain

M「勉強頑張るぞー!」

 

こんにちは!

 

今日は、ワーホリに行く際に悩むことの1つ、

「語学学校」についてのまとめを書きたいと思います。

 

ワーホリビザは、

勉強も仕事も遊びも旅行も何でもできる、

とっても自由なビザですよね。

 

そこで、語学学校で勉強をする必要があるのかどうか、

自分の体験から考えることを紹介します(*‘ω‘ *)

 

最後まで読んでみてください★

 

 

 

【まとめ① 語学学校とは】

 ①-1:語学学校とは

 語学学校とは、その名の通り、語学を学ぶための学校。

 

 オーストラリアにワーホリに来る場合、

 最大で17週間語学学校に通うことが出来ます。

 ワーホリに来てまずは語学学校に通い、

 その後バイトしたり旅行したりする人が多いですが、

 中には帰国前最後に学校に行く人もいました。

 

 普通、毎週月曜日が入学日で、金曜日が卒業日となります。

 土日とパブリックホリデーはお休みです。

 寮があるところや、学校内では英語ONLYのところなど、

 色々あります。

 

 

 ①-2:申し込み方法

 留学エージェンシーやワーホリエージェンシーなどが

 仲介して申し込んでくれます。

 いわゆる無料エージェンシーでは、

 人を語学学校に紹介することで紹介料をもらい、

 そのお金で成り立っているのです。

 

 私も実際、無料エージェンシーである

 「オーストラリア留学センター」に仲介してもらい

 申し込んでもらいました。

 

 自分で直接語学学校に申し込むこともできると思いますが、

 英語に自信の無い方や不安な方は、

 エージェンシーに頼むと良いと思います。

 

 

 ①-3:費用

 <私の場合>

  レクシス ブリスベン

  一般英語コース / フルタイム / 17週間

 

 ・入学金 200ドル

 ・授業料 5840ドル

 ・教科書、資料代 200ドル

 ・寮代(1か月分) 800ドル

 ・宿泊手配料 165ドル

 ・寮保証金 300ドル

 ・空港送迎費 130ドル

 

  合計7635ドル

 

 

 

【まとめ② 語学学校の内容】

 ②-1:レベル分け

 語学学校初日(入学日)にレベル分けテストがあります。

 テストは、筆記テストと簡単なインタビューです。

 

 筆記テストは文法や単語など、

 高校で学んだようなことの確認テストです。

 インタビューは、英語のどのような点が苦手かとか、

 今日の気分はどうかとか、シンプルな質問を5分くらい

 されました。

 

 最後に、自分がどこのクラスになるか言われて、終わりでした。

 

 ちなみにレベルは5つあります。

 初級:Elementary

 初中級:Pre-Intermediate

 中級:Intermediate

 中上級:Upper-Intermediate

 上級:Advanced

 

  単元(Unit)が12個あり、それが終わると、

  多くの人が1つ上のクラスに上がります。

  が、出席や成績の問題で、レベルアップが出来ない人もいます。

 

  私は最初、中級のIntermediateからスタートし、

  最後の1か月間ほどは、中上級のUpper-Intermediateのクラスにいました。

 

  他にも、ケンブリッジコースやIELTSコースなども選ぶことが出来ます。

 

 

 ②-2:授業内容

 授業は午前と午後のふたつに分かれています。

 

 午前:・レベル別のクラス

    ・主に文法の授業

    ・9時から12時15分(15分の休憩あり)

 

 午後:・自分で選べるオプションクラス

    ・リスニング、スピーキング、ライティングなど、

     それぞれにフォーカスした授業

    ・約1か月ごとにチェンジ

    ・13時から14時

 

また、放課後には、毎日日替わりでワークショップまたは

アクティビティが行われます。これは参加は自由です。

 

  ワークショップ/アクティビティ

  ・14時から15時

  ・例:スムージーづくり、エッセイの書き方、発音強化

      ハイキング、ヨガ、ケーキ作りなど

 

 

午前の文法の授業は、高校や大学の授業と同じ。

すでに知っていることも多いけれど、

説明も全て英語だし、より深く教えてくれるので

復習というより、新しい気持ちで勉強し直せると感じました。

 

また、日本の学校のように「ただ聞く」というのではなく、

発言の機会がたくさんあります。

グループ討論や隣の人との意見交換など、何かにつけて、

英語でコミュニケーションをとる場面があります。

 

最初、これが私的にはすごく嫌で(笑)

何もしゃべれなかったから。

でもこのおかげで英語で話すことになれることが出来たと思う。

 

午後のオプションクラスは、楽しく学ぶという感じ。

リスニングのクラスでは、映画を見たり、歌を聴いたり、

普通に楽しかった!

 

また、その後のワークショップとアクティビティは、

自分のためになるなと思うカテゴリーの時だけ行くのが良いと思います。

せっかく先生に教えてもらう機会だからと、

全て闇雲に参加するのは違うなあと感じました。

たまに、基本のきの字をやる時もあるので。

 

でも、ここでクラスが違う人とも話す機会ができ、

友達を増やすために良い機会になると思います(*´▽`*)

 

 

 ②-3:宿題

宿題の量はそこまで多くありません。

基本は、その日授業でやったところの問題集をやるだけです。

もし、授業中に終わらなかった課題があれば、

それも宿題になります。

でもだいたい1時間以内で終わります。

 

社会人を経験した後の、「宿題」。

不思議と毎日やるのが楽しかったです(笑)

 

 

 

はい、前編はここまでです。

語学学校の概要について、

少しは分かっていただけたのではないかと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

続きはこちらです。

 

 

jmstorybox.info

 

 

✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿⋯✿

✨今日のハングル講座

물이 차가워(ムリ チャガオ)

水が冷たい