My Story of Australia

仕事を辞めてオーストラリアに飛び出し、3年間過ごした喜怒哀楽の記録。

【オーストラリア】おすすめできないファームジョブ4選

f:id:jmstorybox:20220106135812p:plain

 

こんにちは!オーストラリアに3年間ワーホリで滞在していたみいです。

ワーホリ期間を延ばすために、ファームジョブをやりたいと考える方も多いのではないでしょうか?

そこで、実際に10種類以上のファームジョブを経験した私から、

「おススメできないファームジョブ」をご紹介したいと思います。

ファームジョブは種類によって良い悪いが激しいので、ぜひこれを読んで参考にして頂ければと思います。

 

 

おすすめしない1位 アップルピッキング

f:id:jmstorybox:20220106120918j:plain

はい、これは絶対にオススメできないです。。。( ;∀;)

皆さんも知っての通り、リンゴは木になります。しかも高くて大きな木です。この木になったリンゴの実を、はしごを使ってひたすらピッキングしていくという作業になります。

作業内容自体は、とてもシンプルなのですがいくつかの落とし穴があります。

 

身体的な負担が大きい

私が経験したファームジョブの中で、身体的に辛かった仕事の上位に入ります。

ピッキングしたリンゴを体に付けているカンガルーバッグに入れて運ばないといけないのですが、それが大変でした。腰が弱い人は気を付けたほうがいいです。めっちゃ痛いです。。。

f:id:jmstorybox:20220106121805j:plain
f:id:jmstorybox:20220106121815j:plain
ビンまで運ぶのも大変

稼げない

私はアップルピッキングは全然稼げませんでした。

早い人は1日に8ビンとか作るみたいなので稼げると思いますが、私は1日に2ビンか3ビンしか作れませんでした。(1ビン45ドル)

こんなに大変な仕事なのに、1日100ドルしか稼げないなんてばかばかしいと思い、すぐに仕事を変えました。

 

高いところが苦手な人は注意

もし高所恐怖症の方はやめた方がいいかもしれません。アップルピッキングは高いところにある実をとるためにはしごを使うからです。(ファームによっては使わない所もあると思いますが・・・)

はしごは動かすのも面倒くさいし、重たいし、上り下りするのも大変です。また、リンゴをカンガルーバッグに入れた状態ではしごを下りる時など注意しないとリンゴが落ちます。

f:id:jmstorybox:20220106121810j:plain

 

 

\アップルピッキングについて詳しく知りたい方はこちら/

jmstorybox.info

 

 

おすすめしない2位 ぶどうファームハンド

f:id:jmstorybox:20220106125806j:plain

これは2位としていますが、オススメできない同率1位ですね。

ぶどうピッキングの前と後に別々の種類のファームハンドがあるのですが、全ておススメしません!!とにかく稼げないからです。

 

稼げない

ぶどうのファームハンドは様々な種類がありますが、どれも初心者には稼げません。

平均して、週に300ドル程しか稼げず、生活に困るようになりました。慣れるまであきらめずにやろうと思ってシーズン中ずっとやっていましたが、何の意味もありませんでした。

稼げるのは何年もやっている経験者たちだけです。その人たちは1日に200ドル〜300ドル稼いでいました。何年もやるつもりがないのなら、やらない方がいいです。

 

作業が複雑

ファームハンドは、ピッキングやパッキングと違って作業が難しいです。

木の枝をワイヤーに巻き付けたり、ぶどうができる前の小さい実を指定された数に切ったり、手で邪魔な葉っぱをちぎったり。慣れるまでに時間がかかります。

ハサミを使うので手を切ったり、木の下に潜り込んだ作業するので腕や肩や首が痛くなったりもします。

f:id:jmstorybox:20220106125805j:plain

 

\ぶどうファームハンドについて詳しくはこちら/

jmstorybox.info

 

 

おすすめしない3位 シトラスピッキング

f:id:jmstorybox:20220106133313j:plain


シトラスピッキングは種類によっては稼げますが、アップルピッキングの時と同様にはしごを使わないといけないので、私は苦手と感じました。

ただ、作業は簡単で、果物をカンガルーバッグにピッキングしてビンに移すというだけです。ビン1個当たりのプライスが果物によって異なります。

 

稼げるか稼げないか見極める

シトラスピッキングは、様々な種類の果物をピッキングします。私がやったのは、レモン・みかん・グレープフルーツ・ライムです。

レモンやライムはビンのプライスが高いので比較的稼ぎやすいです。1ビン120ドルなので1日に2ビン作るだけで十分に稼げます。反対に、みかんは1ビン45ドルなので稼ぎにくいと思いました。

 

はしごを使う

アップルピッキングと同じで、高い木に実がなっているので、はしごを使う必要があります。これがかなり面倒くさいです。

f:id:jmstorybox:20220106133318j:plain
f:id:jmstorybox:20220106133324j:plain
奥にある実まで取らなきゃいけない

 

トゲに注意

レモンやライムの木は、バラのように棘がたくさんあります。

ピッキングをする時にどうしても腕や手に傷ができるので注意してください。夢中になってピッキングしている時はどうもないですが、帰宅してシャワーをした時にすごくしみて痛いです(笑)

 

\シトラスピッキングに興味のある方はこちら/

jmstorybox.info

 

 

おすすめしない4位 ぶどうピッキング

f:id:jmstorybox:20220106133836j:plain


おすすめしないファームジョブ4位は、ぶどうピッキングです。

これはおすすめしないというより、注意してくださいという意味で選びました。

 

稼げるのはシーズン初めだけ

ぶどうピッキングはタイミングが重要です。

シーズン初めは、大きくて色も良いぶどうがたくさんなっており稼ぎやすいですが、シーズン途中からはもうほとんど良い状態のぶどうが無いため、稼ぎにくくなります。

 

指を切らないように!

ぶどうピッキングははさみを使います。急いでピッキングしていると、途中で指を気ってしまうことがありますので、気を付けてください。

私も数回切りました。血が結構出ます。絆創膏は忘れずに持って行きましょう。

 

パッキングが難しい

ぶどうピッキングは、パッキングも同時に行います。はさみで切ったぶどうを箱やパウチバックにパッキングしないといけないのですが、これが難しいのです。

見た目や重さや、房の向きなどルールが細かくあるので、慣れるまでは早くできません。ただ一度経験しているだけで大きなアドバンテージとなるので、1年目はあまり稼げなくても2年目からはとても稼げるようになります。

f:id:jmstorybox:20220106134035j:plain
f:id:jmstorybox:20220106134031j:plain
パッキングに時間がかかる

 

\より詳しいぶどうピッキングについてはこちら/

jmstorybox.info

 

 

 

まとめ

この記事では、オーストラリアのオススメできないファームジョブ4つをご紹介しました。

全て私の実体験に基づいての見解ですので、あくまで参考にしていただけたらと思います。稼げ方や仕事内容など、個人の力量やファームによって異なるので、こんなイメージだと思ってくださいね。

 

私自身、ファームジョブで良いことも嫌なことも色々な経験をしてきました。

これからオーストラリアに行く方そしてファームジョブに挑戦される方が、少しでも楽しく満足のいく生活ができるよう願っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。