日韓カップルの海外日記~オーストラリア3年目

オーストラリアにワーホリ中。2度の詐欺、盗難、給料未払い、色々乗り越えて分かったことがある。何があっても大丈夫。そして人生を楽しめ。

【オーストラリア】ファーム大企業コスタは本当に稼げるの?3か月半ラズベリーファームで働いた私の給料大公開。【2020年】

★AUS STORY NO.51★

 

f:id:jmstorybox:20201209183912j:plain

 

 

こんにちは!

今回は、オーストラリアファーム大企業のコスタのラズベリーファーム(コフスハーバー)で3か月半働いたまとめを書きたいと思います。コスタは稼げると良く聞きますが、実際にはどうなのでしょうか。最後まで読んでみてください!

 

f:id:jmstorybox:20201209183930j:plain
f:id:jmstorybox:20201209183855j:plain

 

稼げる?稼げない?

結論から言いますと、「稼げます」

 

正確に言うと、私が去年1年やってきたファームジョブに比べると確実に稼げたと言えます。

 

まず、私がこれまでにやってきたファームジョブについて簡単に説明します。

 

2019年

6月~8月 カブルチャーでラズベリーピッキング

9月~11月 コフスハーバーでウインターブルーベリーピッキング

12月~1月 コフスハーバーでサマーブルーベリーピッキング

 

2020年

2月~5月 ミルデュラでグレープピッキング

6月~7月 コフスハーバーでウインターブルーベリーピッキング

8月~12月 コフスハーバーでラズベリーピッキング【コスタ】

 

詳しくは別に記事にしてますが、コスタより以前のファームジョブの給料はあまり満足いくものではありませんでした。タックスを引いて手取りが800ドル行けば良い方という感じで、ひどい時は1週間で300ドルくらいしか稼げない時もありました💦ちなみに私はピッキングが早くも遅くもない、普通レベルです。

 

jmstorybox.info

 

jmstorybox.info

 

jmstorybox.info

 

 

が、コスタで働いた初週の給料がなんと手取り1023ドル!!最初から1000ドル超え。始めて1000ドルを超えてめちゃくちゃ喜んだのを覚えています。

 

私の実際の給料公開

私がコスタで働き始めたのが、9月からでした。最初の2か月間はラズベリーピッキングに体を慣らしつつ、丁寧にピッキングをしていました。セカンド(お金にならない悪いフルーツ)も全てきれいに取り、パッキングも最高級のクオリティを守りながらやっていました。また、誰かと競うという意識もなく、自分のペースでやっていたので、中間よりも少し下のレベルにいました。(コスタでは毎日順位表が出ます)その時の1週間の給料(手取り)が、

 

「最高1023ドル、最低762ドル、平均800ドル」

 

この時も決して低くはなく、満足できていました。

 

クルーによって単価やピッキングするパッチのクオリティが違うのですが、私たちのクルーはめっちゃ良いパッチでもめっちゃ悪いパッチでも無い、中間のパッチでピッキングしていました。

 

単価は0.6~0.8ドル/パネット

 

11月頃から新しいパッチがオープンし、私たちのクルーがめっちゃ良いパッチをゲットできました。その頃にはピッキングもパッキングも慣れ、ちょっと本気出してやってみようかとやる気を出し始めたので、一気に中間よりも上のポジションに上がっていきました。調子いい時はトップ5にまで入るようになりました。その時の1週間の給料(手取り)が、

 

「最高1350ドル、最低1006ドル、平均1100ドル」

 

単価は0.7~0.85ドル/パネット

12月でシーズンが終わりで、どんどんフルーツの状態も悪くなり、パッチも少なくなり、ピッカーもどんどん辞めていくというのもあり、単価は比較的高くなっています。

 

 

コスタに入って満足?

これまで述べてきたように、給料は満足できると思います。特にピッキングが早い人なら週に余裕で1500ドル、もしくは2000ドルは稼げると思います。ペイスリップも給料も毎週問題なく来ますし、他のファームと違って悪徳コントラクターもいません。良いところだらけだと思いますよね?

でもやはり少しはネガティブな点も見つかりました。

 

まず、長時間労働です。これはコロナの影響でピッカーの数が足りない今年だけなのかもしれませんが、ほぼ毎日10時間以上働きます。朝6時集合で準備をし、だいたい15時から16時に終わります。遅い時は17時30分までやったこともありました。逆に言えば、これだけ長く働いていたので、給料が良くて当たり前、もしくは少ないと感じる人もいることでしょう。

 

二つ目は、デイオフが取りにくいことです。クルーデイオフが週に1日決められているため、基本的には週6日勤務です。あまりにも毎日終わるのが遅い時は、もう1日エクストラデイオフをもらえ、週に2日休むことが出来ますが、それ以外は雨だろうと、猛暑だろうと関係なく仕事に来ないと行けません。

 

3つ目は、評価されることです。これは、大企業ならではですね。他のアウトサイドファームではあまり無いと思いますが、出席率やピッキングの速さ、パッキングのクオリティ、ロウクリーニングなどいくつかの項目で評価をされ、おおよそ2週間に1度フィードバックチケットを渡されます。これが悪いと次のシーズンや別の地域のコスタで働くときに仕事をもらえなくなることもあるそうです。また、毎日ピッキングの速さの順位表が張り出されるのは、嫌いな人も多いのではないでしょうか。人と競い合って伸びる人には合ってますが。

 

大企業なのでしっかり体制が整っている反面、圧力的な面も多少はありました。クオリティチェックの上層部がいきなり見回りに来て、挨拶も無しにこのパッキングはだめだのこれは捨てろだの言ってきたり、ルールが厳しく管理者とピッカーが言い合いをする場面も何度も見ました。ファームジョブが苦ではない私でも、毎日10時間以上も炎天下の中で働いていたので、ファームジョブの辛い面を大いに感じてしまいましたね。

 

結局コスタはオススメ?

色々言ってきましたが、稼ぎたい人・ガッツリ働きたい人にはオススメです!!

 

お金はあまり関係ない、自由にやりたい人にはあまりオススメできません・・・。アウトサイドファームの方が合っていると思います。ですが、アウトサイドファームだと悪徳のところもあるので、ビザが確実に必要な場合はコスタなどの大企業で働くのが安全だと思います。ただ、ビザの為だけと思ってのんびりやっていると注意されますが。

 

1年間アウトサイドファームでやってきた私が今思うことは、初めからコスタで働いておけば良かったということです。そうすればお金がもっと貯まっていたはずです(´;ω;`)コスタはルール的にも体力的にも精神的にも厳しい面が多いですが、確実に稼げるので、私個人的な意見としてはオススメします!

 

 

最後に

フスハーバーのコスタでは、12月でラズベリーシーズンが一旦終了し、2月中旬頃からまたシーズンが再開するとのことです。私たちは、タスマニアのコスタに移動できるということなので、そちらにすでに応募しています。これからの動きや、タスマニアコスタの話などはまたブログに書きたいと思いますので、お楽しみに(*´ω`*)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 関連記事はこちら

jmstorybox.info

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ 良ければフォローお願いします ↓ ↓ ↓ ↓

 

f:id:jmstorybox:20201130095440j:plain

 

Twitterでブログ更新のツイートしてます!

https://twitter.com/jmstory3434

 

Instagram始めました!オーストラリアの食べ物や生活を紹介してます。

https://www.instagram.com/jmstorybox_niko/?hl=ja

 

Youtubeでオーストラリア1周旅の模様をお届け

 ・・・しようと思って詐欺に遭い、一時中断中。

JMSTORYBOX - YouTube