たびのすすめ

オーストラリアワーホリのあれこれを発信。山あり谷ありな経験は人生の宝物に。

【ロードトリップ】~フレーザー島編~ 初めてのフレーザー島は失敗ばかり。下調べをちゃんとして行くべし!!

f:id:jmstorybox:20210831184910p:plain

 

こんにちは!

オーストラリアでロードトリップ挑戦中の日韓カップルです。

 

ついに来ました、フレーザー島!

ずっとずっと楽しみにしてきたフレーザー島にやっと来ることが出来ました!今回は、初めてのフレーザー島2泊3日の旅をどのように過ごしたのか日記形式で書いていきます。

最初に言っておきますが、今回の旅は終始失敗ばかりでした。なんの知識もなくフレーザー島に行くとこうなるよっていうのをお伝えできればと思います。

では、スタート!!

 

 

8月25日(水)初日

 

【10時】 

前泊していたカラバンパーク出発。

レインボービーチにあるガソリンスタンドShellでガソリンを入れ、車両通行証とフェリーのチケットを購入。

 

【11時】

インスキップ到着。

全てのタイヤの空気を18psiまで抜く。

インスキップをスタックすることなく通り抜け、フェリーに乗る。

 

\ここまでの詳しい話はこちら/

jmstorybox.info

 

 

【12時】

フレーザー島到着。

Dilli Villageまで20Kmビーチドライブ。潮が引いていてちょうど走りやすかった。

Southern lakes Scenic driveコースを行く。砂の山道でボコボコ。時速15Km〜20Kmぐらいでゆっくり進む。

 

f:id:jmstorybox:20210831185605j:plain

 

【13時】

Lake Boomanjinに到着。

ディンゴ除けのフェンスの中でランチタイム。ラーメンを作って食べた。

湖まで歩いて5分。水位が低く泳ぐのは出来なかったけど、景色はきれい。

f:id:jmstorybox:20210831171928j:plain
f:id:jmstorybox:20210831171932j:plain

 

【14時】

出発。まだまだ続く山道をひたすら走る。

2つのLakeを通り過ぎる。

 

【15時】

Central Stationに到着。

入口がいくつもあるので分かりにくく何回も行き来を繰り返した。

Car Parkの入り口に入って、駐車場に車を停めてCentral Stationの中へ。

ここの近くのキャンプ場でテント泊しようと思い、予約しようとするも電波が繋がらず

電話マークがあったので公衆電話で電話をかけようとするも、まさかの故障中

予約ができる術がなく、ここでの宿泊は諦め、電波がつながるというEurong Resortへ行くことに。

f:id:jmstorybox:20210831171937j:plain
f:id:jmstorybox:20210831185342j:plain

 

 

【16時】

山道を抜けてEurongに到着。

ここでスマホの電波を確認するも、電波が無い

ホテルのカウンターで電話を借りて予約サイトに電話、営業時間終了の為繋がらず。

完璧に終わった・・・

と思っていたらホテルの方がDilli Villageに空きがあるかもしれないから電話してみてとアドバイスしてくださりもう一度電話。テント泊できるということだったので急いでDilli Villageに向かうことにした。

(後で地図をよく見たら書いてあった。。。私の使っているオプタスでは繋がらないが、彼の使っているTelstraでは繋がるということ。この時なぜか私のスマホしか確認しなかったんだよなあ)

 

 

【17時】

Dilli Villageに到着

ここ朝来たとこやん。。。。1周回ってきただけ。。。

もう日が落ちてて暗かったのでヘッドライトを付けようとしたら電池が切れてて1個つかず。

1つのライトを頼りにテントを立てようとするも、これが買ったばかりのテントだったのでたて方が2人とも分からず。(がーん)彼とブーブー喧嘩しながらテントをたてて、無言で就寝。(笑)

と思ったら、とにかく寒くて寝られず。。昼と夜の気温差が激しすぎるのよ。。。

f:id:jmstorybox:20210831171947j:plain

1泊2人でパワーサイト45ドル

 

こうして初日は終了。

反省点としては、事前にキャンプ場を予約しておくべきだったということ。フレーザー島でも電話できるからというShellのおばちゃんの言葉に甘えてしまった・・・。だめだめ!絶対に先にどこでテント泊するか決めて予約(購入)しておかんとだめ!!

スタックすることもなく、ドライブには問題が無かったので良かったけど。

 

 

8月26日(木)2日目

 

【10時】

起床。だらだら過ごす。

朝食にパスタを作って食べ、食器を洗う。

スマホやカメラをフル充電させる。

かすかに電波が使えたのでとりあえず今日のキャンプ場を予約し出発。

f:id:jmstorybox:20210831180419j:plain

 

 

【12時】

Eurongに到着。

昨日確認していなかった彼のスマホを確認、電波めっちゃ繋がった!!

なーんだーーー。

ここで一気に明日からの5日間のキャンプ場を予約。

(当初私たちはフレーザー島に10日間滞在する予定だった・・・詳しくは後記)

ショップでパンを購入して食べた。彼はミートパイ、私はチョコレートクロワッサンとジャムドーナッツ。めっちゃ美味しかったのでおススメ!!値段は4つで24ドルなり。高い。

f:id:jmstorybox:20210831181026j:plain
f:id:jmstorybox:20210831181019j:plain

 

 

【13時】

今日のキャンプ場であるCornwells Zone2に到着。

フレーザー島にはビーチにキャンピングゾーンというのが設けられていて、予約したゾーンの中ならどこにでもテント泊しても良いということになっている。

で、ここでも私たち失敗しました・・・

私たちが予約したのはZone2だったのでZoneの中の道のそばとか広い場所にテントを張らないといけなかったんだけど、この近くにあったディンゴ除けのフェンス内にテントを張ってしまったのだ。そこはまた別の予約枠になっていて、Cornwells(Fenced)というやつだったらしい。確かにそれぞれここがテントサイト、ここがカラバンサイト、みたいに番号札が立ててあった。

f:id:jmstorybox:20210831181311j:plain
f:id:jmstorybox:20210831180445j:plain

 

そうとも知らず普通にテントやら荷物のセットアップをしてトランプで遊んでいたら、その場所を予約していた人たちが来て、「ここ予約しているんだけど」って言われてハッとなった(;´∀`)

幸い優しい人たちで今夜はこのままでいいと言われたので、お言葉に甘えてしまった。

(ちなみに彼らは少し離れた場所でテントを張っていた・・・ほんとすみません)

 

 

【16時】

ごみを捨てにゴミ捨て場までお散歩。フレーザー島にはゴミ捨て場が限られた場所にしかないので注意。

ホントはLake Wabbyまでも行こうとしたけど、体力が無さ過ぎて断念。(笑)テントに戻り、花札で遊んで、就寝。

f:id:jmstorybox:20210831181136j:plain
f:id:jmstorybox:20210831181143j:plain
ゴミ捨て場もディンゴ除けのフェンスの中にある

 

こうして何もせず2日目も終了。

私たちフレーザー島に来てまだ何もそれらしいことやってないような・・・

いやでも景色は良いし、ビーチドライブ最高だし、満足だけど。

この時すでに色々準備不足が発覚したから、サバイバル状態だった。

水なし、食料なし、ガスなし、ガソリンなし、電波なし。。。

水と食料はたっぷり持ってきてたつもりだったけど意外に足りず。ガスは完全に買うのを忘れてたという。そして蚊が多すぎ!!何十か所も刺されてかゆすぎる。虫よけスプレーも虫刺されクリームも持ってないからオワタ。

とにかく明日は楽しもう~と思ってたら明日も明日で同じ感じに・・・

 

 

8月27日(金)3日目

 

【6時】

起床。朝ごはんも食べずに(というか食べ物が無い笑)すぐに出発。

 

 

【7時】

Happy Valleyに到着。

f:id:jmstorybox:20210831185803j:plain

 

ここでガソリンを入れようとしてたけど、まさかのプレミアムガソリンが無い!!

普通のUnleaded91とDieselしかなくて、自分たちが入れるべきガソリンが無いと気づき、パニック。このままでは確実にガソリンが持たない。

私たちはガソリンは島内にあるから大丈夫と思っていたので、もともと10日間フレーザー島にいる予定だった。だからキャンプ場も全部予約したし。。。でもこのままでは無理だと思い、一旦キャンプ場はキャンセルに。

かすかな望みをかけてKingfisher Resortに行って、プレミアムガソリンがあるか確かめることに。

f:id:jmstorybox:20210831180508j:plain

Kingfisherまで行く途中の山道でディンゴと遭遇

 

【9時】

Kingfisherに到着。

プレミアムガソリンは無かったため、一度本土に戻り、ガソリンやら食料やら補給してまたフレーザー島に戻ることに。

 

 

【11時】

フェリーに乗り本土へ帰還。

f:id:jmstorybox:20210831183051j:plain
f:id:jmstorybox:20210831183052j:plain

すぐにレインボービーチのShellに行き、タイヤの空気とガソリンを入れる。

その後洗車場へ行き、洗車。

この日はホステルに宿泊した。

f:id:jmstorybox:20210831183037j:plain
f:id:jmstorybox:20210831183023j:plain

 

 

3日目はこんな感じで終了~。

この3日間何やってたんだ!!(笑)ろくに遊んでもない。。。。

でも学びのある3日間で、次につながるので良かったことにします。

 

反省点

・事前にキャンプ場を予約しておく

・ガソリン、食料、水など滞在期間に合わせた量を用意する

・とにかくもっと下調べしておくべきだった

 

 

フレーザー島の魅力を全て味わうことが出来ないまま終わってしまった3日間でしたが、なんだかんだで楽しかったです。

この後再びフレーザー島に向かいましたので、その時の様子は別の記事で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。